だいさくの日記 Daisaku's diary

英語、筋トレ、Netflix、モノ、などなど

2017年末までに買ったけどあまり活躍しなかったもの

前回の記事で買って良かったものの記事を書いたので、今回は買ったけどもあまり使っていないものの記事を書こうかと。
せっかく買ったのに使わないのはもったいないので自戒の意味も込めて。



モンクレールのダウンジャケット

フランスのアウトドアメーカーの定番ダウン。
f:id:daisakux:20180130164144j:plain:w400

2014年くらい?に購入。
「もう一生ダウンは買わない」と思っていた。
すごい軽くて暖かくて良い買い物をしたと思っていたよ。
ただ、表面がテカテカしていないマットなダウンにすれば良かったと思ったり。

そんなことが頭の片隅にあったのか、マットな質感のデサントの水沢ダウンを2017年2月ごろに買ったため、モンクレールのダウンを着る機会が激減した。
というか水沢ダウンを買って以降、モンクレールのダウンは一度も着ていないと思う。
クローゼットに置きっぱなしにしてももったいないのでこのモンクレールのダウンはメルカリ行きとなった。


トリッカーズのコードバンブーツ

イギリスの老舗革靴メーカーのブーツ。
f:id:daisakux:20180130164117j:plain:w400

革靴といえばトリッカーズということで冬のボーナスが出た時に16万円くらいで購入した。
このブーツの革は「コードバン」という特殊な馬の革を使用していおり、他のトリッカーズのシューズよりも一層値段が高いのである。 しかし、値段が高いのにも関わらずサイズをミスり小さいサイズを選んでしまった。
結果、このトリッカーズを履くとかなり足が痛い。
足に慣らすためにこのトリッカーズを何度か履いてみるも革がオニ硬くてまった足になじまない。
このトリッカーズを履いた後は足が真っ赤になっていた。
最初の方はガマンして履いていたがガマンは続かない。
次第に履き心地の良いスタンスミスや他の革靴を履くようになり、トリッカーズは全く履かなくなってしまった。
こちらも置いていてもしょうがないのでメルカリ行き。



コロンビア オムニフリーズTシャツ

汗を利用して生地の温度を下げる「オムニフリーズ」という構造を採用。
f:id:daisakux:20180130164235j:plain:w400

夏フェス用に購入。
めちゃ派手なのでフェスか寝巻きにしか使うことができない。
フェスに行った経験がなかったので2016年に試しに2回行ってみた。
フェスは楽しかったけどハマりはしなかった。
今後お金と時間を使ってまでフェスに行く気はないので、フェスでオムニフリーズTシャツを着ることはないだろう。
また、普段着にするにはかなり派手すぎるので普段着としても着れない。
今は寝巻きのエアリズムを全て使ってしまった時の予備のパジャマくらいしか使うことがない。



エディフィス 白シャツ

柔らかい肌触りの白シャツ
f:id:daisakux:20180130164209j:plain:w400

すごく使いやすい白シャツなのだが、洗濯後にアイロンをかけるのが手間で着るのがめんどくさくなった。
着ようと思ってもシワが入っているので着たくない。
なので無印の白シャツを着てしまう。
無印のシャツ最高。
こちらもメルカリ行き。


アディダス スウェットネイビー

左足にアディダスのロゴが入っているネイビーのスウェットパンツ。
f:id:daisakux:20180130164129j:plain:w400

裏が起毛しており生地が肉厚であるため冬専用。
しかし、真冬に履くと寒いので冬はもっぱらユニクロの裏フリースナイロンパンツを使っていた。
あと、Sサイズなんだけど太いんだよね〜。
ということでこれも1シーズンだけ使用してほぼ使わなくなったのでメルカリ行き。


バティック半袖シャツ

インドネシアの伝統素材「バティック」を使用した半袖シャツ。
f:id:daisakux:20180130164156j:plain:w400
インドネシアではね正装とされていてスーツみたいに使われるみたい。
夏とかに着るのは良いと思うんだけど派手すぎるのであまり着用機会もなく。
去年の夏に一回だけ着て後はクローゼットに置きっ放し。
こちらもメルカリ行き。



こうやって見ると、自分の持ち物の中で長く愛用されないものの特徴は
・手入れに手間がかかる
・着心地が良くない、我慢しないといけない
・色が派手

に分類されるようだ。
買い物をする時は上記に当てはまらないかを考える必要あり。