だいさくの日記 Daisaku's diary

音楽とか、メシとか、モノとか、本とか、映画とか

なんで趣味はやる気満々なのに仕事のやる気はこんなにも出ないのだろうか

仕事のやる気がどうやったって出ない。

社会人になって10年ほど経つが、仕事を頑張りたい、と思ったことがあまりない。

学生の時か新入社員の時にはそのように思っていた記憶がある。しかし、今はそんなマインドが無い。

ひたすらに仕事を抱えたくないし、なる早でオフィスを出たいと毎日思っている。

一方で趣味は楽しい。
最近は楽器が楽しい。

ドラムをやったり
www.daisaku0722.com

サックスをやったり
www.daisaku0722.com


すごく楽しいし、楽器をやっている時は他の嫌なことも忘れられる。

ピアノもやってみたいし、ギターもやってみたい。やりたいことが溢れてくる。仕事でやりたいこは溢れてこないのでまるで違う。
仕事と趣味の違いを考えてみた。

趣味は自分で選んでいる。

純粋に「やりたい」と思うことを自分で選んでる。仕事は必ずしも選べない。顧客や上司からの依頼でやりたくねーな、と思いながやることもある。というか、そんなことがほとんどかもしれない。


趣味は誰にも拘束されない

趣味をいつやろうが、やらまいが自分の自由だ。急に「明日までにこの曲覚えてきて」なんて言われない。

「こんな風になりたい」と思える目指したいプレイヤーがいる


憧れのプレーヤーがいると、その人の動画や曲を聴くだけでモチベーションが上がったりする。その人を目標に練習に熱が入る。

「この曲が吹けるようになりたい」という思いがある。

「この曲吹きて〜」「こんなプレーしてみて〜」と思うと楽しくなるしモチベーションも上がる。


上達を感じることができる

吹けなかった曲を吹けるようになったり、より良い音が出るようになったり、自分の成長を感じることができる。

まとめると

趣味が楽しいのは、自分で選択して、誰にも文句を言われず、「こんなことやりたい」「あんな風になりたい」と自分で思ったことを実行して、実際に成果が出る、からなのかと。

選択実感、低い外的圧力、内的動機づけ、達成報酬、というとなんかそれっぽい。


仕事がつまらないと思うときは上記のどれかが満たされてない時なのかと。(全部満たされてない時もたくさんあるけど)

趣味から学んだ物事を楽しむ要素を、仕事に応用して仕事もなるべく楽しいと感じていきたいものだ。

そういえばこの前上司から振られた仕事があったけど、やりたくねーな。