だいさくの日記 Daisaku's diary

英語、筋トレ、Netflix、モノ、などなど

道後温泉のゲストハウス「シナモンゲストハウス」に泊まって初四国を堪能した

どーも、だいさくです。

僕は今まで四国に行ったことがなく「四国に行ってみたいな〜」と思っていましたがなかなか行けずにいました。

道後温泉で地元の友人S君夫婦が道後温泉でゲストハウスをやっており、これまた地元友人のG君から行かないかと誘ってもらったので行くことに。

人生初四国を体験してきました。

「シナモンゲストハウス道後」

www.cinnamon-guesthouse-dogo.com



シナモンゲストハウスの感想

良かったところ

1)立地がめちゃ良い
 シナモンゲストハウスは道後温泉から徒歩2分ととにかくアクセスが良いです。
 道後温泉や周りの温泉街にも気軽に行けるます。
 お土産とか買って荷物が多くなったら一度宿に帰って、荷物を置いて再び街に繰り出すことができます。
 道後温泉駅からも徒歩5分かからないくらいです。
 *道後温泉駅は松山空港からリムジンバスで30分程度

2)おしゃれ&清潔な内部

 オーナー夫婦の手作りだという内装は非常におしゃれ。

f:id:daisakux:20180327100127j:plain:w300
1F写真①
f:id:daisakux:20180327100107j:plain:w300
1F写真②

 道後温泉という和風な街並みではありますが、ゲストハウス内は海外のような雰囲気で、内装も楽しめると思います。
 1Fは天井は高く非常に開放的。

3)ベットの寝心地の良さとプライバシーの高さ
 部屋は、
 最大4人泊まれる和室、女性専用ルーム(ベッド:8台)
 男女共同部屋(ベッド:10台)
   があり、今回は男女共同部屋に宿泊しました。

f:id:daisakux:20180327100309j:plain:w300
男女共同部屋
 ゲストハウスのベッドルームって、薄っぺらいマットと布団、ベットは外から丸見え状態を想像すると思うんですね。
 僕も海外旅行でゲストハウスは色々泊まりましたが、ベットは上記のような感じでした。
 しかし、シナモンゲストハウスのベットは、寝心地が今まで泊まったゲストハウスの中で群を抜いて良かったです。
 布団フカフカ〜。
 ベット自体も外から中が見えない構造になっており、カプセルホテルのベットに近い感じで、小さいながらプライベートな空間が確保できます!!

4)Booking.comで高評価とお手頃な価格
 海外旅行で僕はbooking.comをよく使うのですが、
 シナモンゲストハウスは「評価9.2(2018年3月27日現在)」と高いです。
 9.0以上の評価ついているところってあんまりありませんしね。
 あったとしても価格がけっこう高いことがほとんど。
 しかし、シナモンゲストハウスは3000円/泊と非常に良心的なお値段。
 シナモンゲストハウスよりbooking.com評価が高いゲストハウスも1件あるんですが、価格は2倍以上しました。
 シナモンゲストハウスがコスパNo.1かと。(道後温泉の他のゲストハウスには泊まっていませんが笑)


改善点

1)ゲストハウス内が少し寒い(時があった)
 3月であり気温の変化が激しく、僕が寒がりというのがあるのですが少しゲストハウス内が寒いと感じる時がありました。
 しかし、寒さ対策として1Fの共有スペースにはブランケットが常備されており、ストーブも使用可能です。

こんな人にオススメ

・一人旅で四国を旅行している方(男女問わず)
・2人〜4人で旅をしている方(男女問わず)
 団体旅行であれば和室に泊まるのもあり
・旅先で新たな出会いを求めている方
 僕は、海外からの旅行者、留学生、旅好きのおじさん等と交流できました。
・大学生
 価格がお手頃なので

注意点

 人気のゲストハウスのため特に土日は満室になることが多いみたいです。
 GWやお盆などピークシーズンに利用したい場合は早めの予約は必須かと。
 僕の別の友人がたまたまシナモンゲストハウスの5月の予約をしようとしていたらしいのですが、
 和室はすでに予約されていたみたいです。
 泊まりたい方は早めの予約をオススメします!

終わりに

素敵なゲストハウスのおかげで初めての四国、初めての愛媛を堪能することができました。
愛媛に行く際は必ず泊まること間違いなし。

最後に道後温泉の思い出の写真達をあげときます。

f:id:daisakux:20180327100235j:plain:w300
道後温泉

f:id:daisakux:20180327100147j:plain:w300
椿の湯
f:id:daisakux:20180327100229j:plain:w300f:id:daisakux:20180327100239j:plain:w300
お土産